ブログトップ

はなうたswitch

hanaswitch.exblog.jp

はな歌がswitchになる! 気がする・・・。

2歳10ヶ月

今月もまた、26日を迎えることが出来た。
息子、2歳10ヶ月。

c0174711_12204594.jpg

これ↑、最近よくやる 『チューリップのポーズ』 (らしい)



~食事編~

・一時食べなくなったヨーグルブーム再来。
 「きのこ(きな粉 の意)かけて~」と、きな粉&はちみつは毎朝のテッパン。

・幼稚園のお弁当デザートに持っていっていたカップゼリー。
 今までははカップからタッパに移し変えて持参していたが、本人にリクエストでそのまま入れた。
 最初だけ先生に助けてもらい、 自分で開けて食べるようになった。

・朝カレーリクエストの割合が急激に増えた。
 さらに最近は自分で海苔巻きカレーにして食す。

・「ビスケトちょうだい!」といわれたので、おからクッキーを出したら
 「これはクッキー!ビスケットちょうだい!」とキッパリ言われてしまった・・・。

・食べているものをよく味見させてくれるが、自分の指でちょちょんと触って、
 「はい!あじ~!」と言いながら人差し指を差し出す >~<


~遊び編~

・相変わらず、特別好きなおもちゃはなく、なんでも万遍なく遊んでいるが、
 最近は積み木、お絵かき、工作の頻度が上がっている気がする。
c0174711_12343099.jpg

 日によって電車や車、玉いれ練習になったりするこの箱↑
 本人のこだわりで時計がくっついている。
c0174711_1235851.jpg


・(親バカ目線で)特徴を表現したお絵かきができるようになった。
 写真はFBにて。。。

・今月のはまり絵本は 『めっきらもっきら どおん どん / 長谷川摂子』

・お友達にもらったサメとエイの人形?が気に入り、入浴時には必ず数種類を持参。
 名前を覚えたくて、一緒にサカナ図鑑を開くのが日課。

・「ミント」→最近は「マン!」といって手ぬぐいを持ってくる。
 これはマントのようにつけてくれというサインで、旦那ちゃんやアタシにも強要。

・梱包材の発砲スチロールやダンボール、既存のオモチャとそれとなく組み合わせ、
 小さいボールを転がしながら 「ピタゴラスイッチ♪」と歌っていた(ピタゴラ装置作成?)

・旦那ちゃんが帰宅すると、寝床につくまで(寝落ちるまで)大笑いしながら遊んでいる二人。
 横たわっている旦那ちゃんに、いつものように突進して行った息子が直前で止まり、
 父が寝ていることを確認したのか、アタシの方を向き小声で「ねちゃった ^b^」って
 どっちが大人?と思ったとか・・・・

・虫は比較的苦手な息子だが、お友達(の母)が捕まえてくれたでっかいバッタを手で持てた。


~その他~

・「おかあさん、って書いたよ!」 と彼なりの文字を初披露してくれた。
 数日後、似たような字体で書かれた紙を差し出し、
 「おかあさん、大好き!って書いたよ」と言ってくれた(涙)

・出張に出掛ける旦那ちゃんを成田まで見送ったとき、
 目を潤ませながら 「いってらっしゃい」 を言えた後、イミグレに向かう旦那ちゃんを最後まで見届け
 「(おかあさんは)ここで待ってて!(おとうさんを)探してくるから!」と慌てている姿に心が動いた。

・「どうしてしないの?」「なんでやらないの?」 というアタシの(怒った)質問に
 「しないから」「やらないから」という応答をしていた息子だったが、ちゃんと理由を言えるようになった。

・徳島の家族が上京していたので、鎌倉にて待ち合わせをしたとき、TV撮影と出くわす。
 ちょろちょろしていた息子は、本番中もエキストラさんの合間で走り回ったり、
 主演の長澤まさみさんに目で追われるほど急接近していた。

・7月に産まれた従弟(アタシの弟夫婦の息子)に会いに行くと、嬉しそうに愛でていた。
c0174711_12592964.jpg


・先月のトイレでは「行って!」とアタシを中に入れず、全て自分でやっていた。
 ここにきて、「(トイレに)入って!」「(ドア)をしめて!」と、中に入れてくれる。
 おかげで彼の排出物による健康チェック再開 ^^

・シモネタが続くが、すでに用意万端で座っている息子に「う○ち 出る?」 と、聞くと
 「ウ○チとウ○コがでる」「あとふたつ」 など、彼なりの詳細を教えてくれる ^^;
 また排出後、一度だけだったが 「今のかっこよかった?」 と
 分離したモノの評価を問うてきた ^^;)))




彼の月誕生日である26日。
幼稚園の所属する教会で『お別れ会』があった。

息子と同じ年少少クラスのお友達のご家族に新しい命が誕生したが、
わずか30分、この世で過ごし天に召されてしまった。
小さい小さい命のお別れ会、アタシも参列してきた。

式の途中、息子も含めた全園児が式場にゆっくり静かに登場。
召された赤ちゃんのために、全員で賛美を捧げてくれた。
目を潤ませる年長さんもいたし、元気印のやんちゃくんたちも静かに賛美していた。
きっと、先生からしっかりお話をきいてきたのだろう。

式の終盤、園児たちも一人ひとりに小さなお花が手渡され、
眠っているように目を閉じた赤ちゃんに花を手向けていた。
あかちゃんに手を振る子もいたし、必死で涙を堪えている子もいた。
息子もじっとあかちゃんを見つめていたようだった。

アタシもその場に居たと気付いていなかった息子。
いつものようにお風呂に入りながら、「今日の幼稚園では何してたの?」と聞くと、
いろいろ遊んだことを教えてくれ、最後に「お花、あかちゃんにあげたよ」とも言っていた。

そんな貴重な時間も、
彼の記念の日にあったということを 併せて記しておこう。
[PR]
by duck_itbt | 2012-09-28 13:26 | 家族 ふるさと